つくりかけの日々

≫ EDIT

えびの高原

高千穂牧場に立ち寄ったあと、
えびの高原方面にドライブに出掛けました。
新緑の中、さぞ気持ちの良いドライブが楽しめるかと思いきや、

牧場に滞在していたときのさわやかな空と空気が一変して・・・

P1210703.jpg

視界不良。

天気が良ければ、
ビジターセンター(登山口)の周りの散策コースでも歩こうと思っていたのですが。
この日は火山ガスも多量発生していたようで、
歩行者立ち入り禁止や、車の駐停車禁止など、
規制箇所も多かったです。

P1210720.jpg
ビジターセンターからほど近くの不動池という、
コバルトブルーの火口湖にも行きたかったけれど、
ここも立ち入りが制限されていたので泣く泣く諦め、
建物周辺をウロウロするだけになってしまいました・・・


P1210699.jpg
つつじヶ丘という、
ミヤマキリシマの群生地に向かって歩いて行きましたが、
このときはまだGW中で開花シーズンではなく、
(例年5月末から6月中旬にかけて見頃になるそうです)

P1210709.jpg
生長が早いごく一部の株に蕾がついている位でした。

P1210718.jpg
でも、
普通に歩いているだけで、
その辺の道端の、
うっかり踏んでしまいそうな場所に、
家の周りでは見かけないような花を発見したりもして、

遠くの風景は見えなくても、
非日常な景色を体感することができました。





ミヤマキリシマというのは、
ツツジの一種で、
九州の高山にしか自生しない花です。
植え込みでよく見かける一般的なツツジよりも小ぶりな2~3cmのかわいらしい花を咲かせます。

なかなか機会がありませんが、
一度は見てみたいと思っておりまして、

後日、別の場所でミヤマキリシマを拝む事ができましたので、
またブログにアップしたいと思います

| お出かけ | 22:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017青じそが生えてきました!

タイトルの通り、青じそが生えてきました!

P1220149.jpg


数年前
実家を離れるときに、家の家庭菜園に生えていた青じそをお裾分けしてもらい、
毎年、種を取って翌年にまた播いて・・・を繰り返し、
いつも楽しみに育てていたのですが、

一昨年6月、長雨と日照不足の影響で、本葉が育たずに根が腐ってしまい。
(日照時間は例年の6割、降雨量は2倍だったそうです)
一昨年も、昨年も(一昨年種が取れなかったので)家の大葉を食べられませんでした

昨年の秋に再度実家から大葉の種を分けてもらい、
少し前に播いたものが発芽しました!
適当にバラバラと播いただけなので、規則も何もなく、奔放に育っています
もう少し本葉が大きくなったら、
生長が良いものを残して間引きしようと思います。


P1220151.jpg
春先は狭いベランダのプランター置き場が
一気ににぎやかになる季節でもあります。
青じそを播いたのと同時期に買ったバジル苗も今のところ順調に育ち、

2年草のパセリも、無事に越冬し、何故か3年生に。
ぐんぐんと葉をのばしはじめています。

P1220170.jpg
パセリは比較的害虫がつきにくくて育てやすいと聞いたことがありますが、
何故かアゲハチョウ系の幼虫の大好物らしいので、
近くをアゲハチョウが舞っていたら、気を付けようと思います


育てやすくて、食べられて、料理に使いやすい植物をついつい選んで育ててしまいますが、
それだけだと味気ないので、
いつも1鉢~2鉢は花を植えるようにしています。

P1220152.jpg
今年初めて買ってみた、
スーパーベル(カリブラコア)の八重咲種の苗が、
少しずつ大きくなって、最初の一輪が開花しました!

P1220161.jpg
元々青や紫色の花が好きなのもあって、
この時期はロベリアとかアメリカンブルーとかイソトマとか、
青系の花ばかり植えていましたが、
たまには・・・と、赤系の花をチョイスしてみました。

P1220166.jpg
次に開花しそうなのはこの蕾かな・・・。

このままたくさん花をつけてくれれば、
葉っぱの緑ばかりのプランター周りが華やかになりそうです

| 日々の風景 | 10:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高千穂牧場

今の時期は、
牧場や高原に出掛けると
きれいな新緑が見られて気持ち良いです。

この日は、えびの方面にドライブに行く途中、
高千穂牧場に立ち寄りました。

P1210585.jpg

前日の夜から降り続いていた雨が止み、
雲の合間から青空が少しだけ見られるようになりました。

広々とした牧場と、顔をのぞかせてくれた霧島山。
清々しい風景です。

P1210599.jpg
日差しもそんなに強くないし、
暑くもなく寒くもなく、ちょうど良い気候でした。

牛さんものんびりと休んでいるように見えました。

P1210596.jpg
・・・というか、寝そべっている牛さんばかりでした



広々とした敷地内の一角に、ふれあい広場という場所があり、
子牛や小山羊などをさわったり、餌をあげたりできます。
子どもはもちろん、大人にも人気のコーナーでした

P1210565.jpg
茶色の毛並みのジャージー牛の子牛。

P1210566.jpg
馴染み深い白黒のホルスタイン子牛。

P1210556.jpg
ふれあえるように放牧している位ですから、
人にはもちろん慣れているのでしょうか、
至近距離から撮っても嫌がりません。逃げません。

P1210558.jpg
むしろグイグイ来ます
その辺の子どもたちが怖がって泣いて逃げ出す程超接近されます
カメラの最短焦点距離以下までの接近を許し、
この後レンズ舐められました(^^;)

P1210567.jpg
子山羊は、はじめは柵の中でしたが、
後で帰り際に通りかかったときには、
牛と同じように放牧されていました。


P1210570.jpg
(馬車ではなく軽トラですが)荷台と子牛。
ドナドナみたいですが、
実際は、この後子牛達の方から積極的に荷台の周りに集まってきました。




ふれあい広場から少し奥に進むと、
羊舎がありました。
ちょうど毛刈りの時期なようで、
もっこもこの暑そうな羊と、
毛刈り後のこざっぱりした羊と、
刈り取った毛の塊と、
色々と混在していました。

その中にはかわいい子羊ちゃんもいました!

P1210610.jpg
牧場の方に思いっきり甘えています

P1210617.jpg

身体の大きさとアンバランスな長い耳、
ふわふわの毛、
つぶらな瞳・・・
可愛すぎです

P1210616.jpg


可愛い動物とも触れ合えたし、
牧場に来たら食べずにはいられない、
濃厚なソフトクリームも堪能できたし、

少しだけ立ち寄るつもりだった牧場でしたが、
とても楽しめました。



P1210626.jpg
牧場入り口にあったお花畑。

P1210628.jpg
訪れたときには、
まだまばらにしか咲いていなかったポピーの花が、
現在見頃を迎えていて、一面を鮮やかに彩っているそうなので、
時期が合わなかったのが少しだけ残念でした

| お出かけ | 23:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年の陶器まつりと陶器市

ブログ掲載は、買った器の紹介が先になってしまいましたが、
(購入した器の記録へのリンク(1)リンク(2)
今年も波佐見と有田の陶器市に出掛けてきました。


陶器市は、とにかく初日が激混み!とのことなので、
人気商品を狙いたいとか、明確なターゲットが無いようであれば、
初日を外して出掛けた方がまだ散策しやすいのではないかと思われます。

波佐見焼の会場では、買い物に熱中するあまり
すっかり写真を撮り忘れていたので、
有田陶器市の様子のみ掲載したいと思います

P1210068.jpg

有田駅近くの橋の欄干に立派な壺が飾られています。
さすが焼き物の町です。

P1210041.jpg
初日程の人出ではないですが、
それでも多くの人で賑わっていました。
場の雰囲気だけで気分が高揚し、何だかアドレナリンがたくさん出てきます(笑)

P1210035.jpg
今年のターゲット?のひとつ、
深川製磁の本店です。
普段はとても見られないような大変高級な器もさりげなく売られていたりして、
緊張しながらもとても目の保養になりました!

P1210039.jpg
普段は入れない工房の敷地の入り口まで
販売ワゴンが並んでおり、
わくわくしながら品物を見て回りました

P1210030.jpg
熱中症対策からか、
初めて訪れた年と比べて明らかに飲食スペースが増えており、
買い物の途中でこまめに休憩できる場所が多くて助かりました。


P1210055.jpg
期間限定のリサ・ラーソンとのコラボショップ、りさやさん。

P1210057.jpg
ずらりと並ぶ焼き物やオブジェがすごく可愛かった!!
この誘惑に負けて、ネコの置物を衝動買いしてしまいました・・・


当日は体力の限界まで買い物に挑んだはずですが、
後から振り返ると、
ここも見たかった・・・とか、
あの器も素敵だった・・・とか、
今更ながら未練がましく思ってしまいます。
とどまる事を知らない買い物欲というのは本当に恐ろしいものです・・・


家の食器類も、段々と必要な分が揃ってきて、
これ以上買い物をする大義名分が無くなりつつあるのですが、
それでも、
もし可能であれば、
また来年も陶器市に出掛けてしまうような気がします

| お出かけ | 23:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

御船山楽園のつつじ

佐賀県武雄の御船山楽園のつつじが満開だというので、
陶器市に出掛けた際に立ち寄ってきました。

P1200900.jpg

武雄市のシンボル、御船山をぐるりと囲むように回遊する広大な庭園は、
その昔、佐賀藩の鍋島氏によって造られました。

メインのつつじは、山の裏側に咲いているようです。

P1200904.jpg
一番のみどころスポット、つつじ谷までやってきました。
満開から1週間も経たないうちに訪れたのに、
残念ながら、見頃を少し過ぎてしまって、だいぶ落ちている花が目立ちました・・・
花の鑑賞のベストタイミングをはかるのは本当に難しいです。

P1200910.jpg
それでも、遠景で撮影する分には、
まだまだ花の残っている部分が模様をつくってくれて、
じゅうぶんに美しい風景が楽しめました。

P1200970.jpg
つつじといえば、濃いピンクのパキッとした色合いの花をよく見かけますが、
個人的にはこの位優しい色の花が好みです

P1200925.jpg
中腹から上はつつじの品種が違うようで、
ちょうど見頃を迎えておりました。

P1200944.jpg
広い庭園の中をくまなく散策しようとすると、
結構階段の上り下りがきつくて、疲れてきてしまいました・・・

途中の茶屋で少し休憩がてら撮影。
もう撮影スポットまで歩いて行く元気もなかったので、
藤棚の下に設えてある椅子に座ったまま、左手に飲み物を持ち、右手でシャッター。
やる気の無さがひどいです(笑)

P1200963.jpg
つつじの花や藤の花も美しかったですが、
散策路沿いの紅葉の新緑も見事でした!
秋の紅葉の時期もきっと素晴らしい風景が見られるのでしょうね


つつじの咲いているシーズン中は、
夜のライトアップイベントも行っているそうです。
なかなか出掛けられる場所ではありませんが、
一度は見てみたいとも思います。


快晴の日に、
眩しいほどの新緑と、鮮やかなつつじの花と、芳しい藤の花と。
春と初夏の間の
爽やかな一日を楽しむことができました!
(でも暑くてバテそうになった・・・)

| お出かけ | 23:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ネコに遭遇したので

2回にわたり、
陶器購入の記録として長文ブログをダラダラと書き連ねてしまったので、
今回はさくっといきたいと思います

外出先で、久しぶりにネコに遭遇しました。

周りは
P1210277.jpg
こんなダムのある山の中だったり、

P1210299.jpg
こんな渓谷だったり、

あまり人里近いという環境ではなかったですが、
茶屋のようなお店で面倒をみてもらっているようで、人慣れしていました。

P1210230.jpg
花とネコ。
私がカメラを向けても身動き一つせず、
胡散臭そうにこちらをチラ見しただけの動じないネコでした

P1210268.jpg
この子が一番人間を警戒していたようですが、
かといって逃げる様子もなく、かしかしと頭を掻いたり、一見余裕ぶった態度を見せています。
(でもこれ以上近づくとたぶん逃げられたと思われます)

P1210240.jpg
物陰から舌をしまい忘れて登場した別のネコ。

P1210253.jpg
近づいて来て、ちらりと冷たい眼差し。
「撮るのは勝手だけど昼寝の邪魔はするなよっ!」とでも言いたげな。

P1210255.jpg
そして、そのままお休みになられました


春はお昼寝が気持ち良い季節なのでしょうか、
初対面の人間への警戒心よりも眠気の方が勝っていたようです。
おかげで、
いつもはもっと警戒された感じの写真しか撮れないのですが、
少しゆるめの写真を撮らせてもらうことができました。



実は、
昨年の夏のネコや冬のネコの写真も、
まだブログに掲載できないまま溜まっているので、
季節が一回りめぐってしまう前になんとか掲載できればと思っています

| お出かけ | 23:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017陶器市で買ったもの(2)有田陶器市・そして再び

前回ブログはこちら


今年の陶器市での購入記録の続きです。

有田陶器市は、JR有田駅~上有田駅の区間約4kmにわたって、
ずらりとお店が立ち並ぶ大イベントです!
波佐見陶器まつりのように、商品を見比べたり、
ぐるりと全体を見て回る余裕は、
はっきり申し上げて全くございません!

初めて有田陶器市を訪れたときに、
真面目に見て回りすぎて体力を使い果たした苦くて幸せな経験(?)から学びましたが、
もし訪れる機会があったら、
予め見たいものを絞り込んで出掛けることを強くお勧めします


今回有田陶器市で購入したい・・・と考えていたのは、
憧れの深川製磁の青い器
できれば、湯呑と急須のセットが欲しいと思って店内を見て回りましたが、
急須のお値段が、割引後でもかなりのものだったので・・・

P1210804.jpg

悩んだ結果、
珈琲のカップ&ソーサーを購入しました。
「フカガワブルー」と呼ばれる澄んだ深い青色の器が本当に美しいです!


そして、
当初欲しかった青の食器ではありませんが、
深川製磁の別会場で、規格外品売り場の中から、
お手頃価格まで大幅に値下がりしている、
湯呑と急須を発見してしまいました!!
浮かれて即買いしたところ、
店員さんがさらに割引してくれて、信じられないような価格で手に入れることができました

P1210725.jpg

こちらはクロッカス色のポットとピッコロというシリーズの器。
ウサギさんの蓋の取っ手が可愛いです
これまで使っていた無印良品の急須も使いやすくて満足していたのですが、
注ぎ口が欠けてしまい、
使えないことはないけれど、可能であれば買い替えたかったので、
このタイミングで購入することができて良かったです

帰ってから、
早速頂き物の静岡茶を入れて、新茶の香りを楽しみました



事前に有田陶器市の公式インスタグラムで紹介されていたのをチェックしていたのですが、
期間限定でリサ・ラーソンショップが出展するとのことで楽しみにしていたお店があります。

店内には所狭しとリサ・ラーソンのグッズが並び、
誘惑に負けてついつい購入してしまったもの・・・。

P1210747.jpg
ミアキャットの小さな置物です

完全に衝動買いで、
帰宅後に我に返って少し反省しましたが、
折角買ったので飾らなければ勿体ない!と、
早速玄関に置いております。


最近続いている猫ブームの影響か、
あちこちのお店で、これまで以上にネコをモチーフにした商品を数多くみかけました。

最後にご紹介する購入品は、
その中で、どうしても欲しくなってしまった波佐見焼の器です。
P1210779.jpg
はじめに波佐見陶器まつり会場でこの器を見つけたとき、
ツバメ柄のお皿同様、即買いしそうな勢いだったのですが、
隣で同じ品物を手に取っていた若い女の子たちの、
「可愛いけどさあ~、器に盛ると柄が見えなくなるんだから意味ないよね」
という冷静かつ容赦の無い分析に我に返り、
一度は購入を我慢したものです。
大きさや用途は、先に買った白山陶器の少し深いお皿とほぼ同じだし・・・。

でも、有田に移動してからもずっと悩み続け、
最後は、夫の
「食べ始めは見えなくなるかもしれないけど、食べ終わったら最後にネコが見えるんだよ。かわいいじゃん」
という一言が決めてとなって、
波佐見会場に戻ってから結局購入してしまいました・・・

ところが、
いざ使い始めてみると、
ネコの耳の部分が取っ掛かりとなり、持つときに非常に安定感があり、使いやすい!
今では、買って良かったと思えるようになりました。



今回も、色々とたくさん食器を購入してしまいましたが、
リサラーソンのオブジェと、
ツバメ豆皿については、完全に無計画の衝動買いとなってしまったものの、
他の購入品については、
これまで100円皿などや欠けた状態だった食器の買い替えであったり、
食事に使うお皿重視で買い集めてきたため、
殆ど持っていなかった茶器関係の食器の補完であったりと、

最終的にはそこそこの適正量を保てたのではないかと思い、ほっとしています。


でも、
陶器市は魔物の住む場所。

もし来年も出掛ける機会があったら、
器が足りていても何か理由を付けて出掛けてしまうであろうし、
絶対に誘惑に負けて、
また色々と買い込んでしまうに違いありません。


恐るべし、陶器市・・・・・
(でも、楽しかったです!)



ご参考
2014年の陶器まつり、陶器市買いもの記録へのリンク(1)リンク(2)
2015年の陶器まつり、陶器市買いもの記録へのリンク(1)リンク(2)リンク(3)

| おかいもの | 11:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017陶器市で買ったもの(1)白山陶器・波佐見陶器まつり

毎年恒例となりつつある、
波佐見と有田の陶器市、今年も出掛けてまいりました。

参加回数を重ねるごとに、家の食器の数も段々と増えてきて、
「最低限の食器を揃えないと!」
という大義名分のもとに買い物することが出来なくなってきたのをさみしく思いながら、

それでも陶器市、楽しんできました!

ここからは半ば自分用の備忘録となりますが、
買った食器を掲載していこうと思います。


P1210766.jpg
今回、初めから購入予定だったメインターゲットのひとつ、
少し深さのあるお皿(鉢?)の小と中。
白山陶器の特設会場で買いました。

非常に使用頻度の高い大きさで、
小さなものは、しょうゆ等を入れたり、汁気のある副菜を少しだけいれたり、
中くらいのものは、どんなおかずにもほぼ対応可能な皿として、
共にメインで活躍する予定です。

これまで同サイズの100円ショップ、300円ショップで購入したものをずっと使ってきていましたが、
他の種類のは少しずつお気に入りの食器が揃ってきたので、
これを機会に入れ替えをはかることにしました。

可愛い柄の入った器などもたくさんありましたが、
いつも使う食器はやっぱりシンプルなのが一番です

P1210773.jpg
同じ理由で購入した天目の小鉢と、グラタン皿です。
白と紺の食器と、天目の黒茶色の2種類の色の食器メインで、統一感を出したいと思っているので、
一つ前の画像の食器とほぼ同じ大きさですが、購入しています。


P1210788.jpg
・・・。
食器はシンプルが一番!とか、
色を統一している!とか宣言しておいて、
舌の根も乾かぬうちに鉄赤色の食器を購入しています
白山陶器の糸玉シリーズの長角皿です。
数年前に、焼き魚を乗せる器が欲しい!と白い長方形のお皿を購入したのですが、
長方形の角皿って、すごく使いやすいのです。
もう一回り小さなお皿も欲しいかも・・・と思っていた矢先に、
この素敵な色と柄のお皿を見つけてしまったので

・・・でも、天目の器シリーズと一緒に使えば、相性が良いような気がしませんか?
(言い訳



陶器市というところは、本当に怖いところで(笑)
気が付くと、買う予定の無かった柄や種類のものを買ってしまっています。
それだけ、魅力的な陶磁器がたくさん並んでいる、ということなのでしょう


白山陶器の別会場を後にして、
波佐見陶器まつりの会場に到着したときには
購入後の高揚感で既に冷静な判断力を失っており、
ここでも色々と購入してしまいました

P1210756.jpg
女性に大人気のnatural69というお店では、
以前、必要最低限の2枚だけ購入した、
swatchというシンプルモダン柄のシリーズの小さな平皿が大変使い勝手が良かったので、
もう2枚買い足そうと思っておりましたが、
同じ大きさの別シリーズ、jankeのツバメ柄が可愛すぎて、
思わずこちらを選んでしまいました・・・
そして、何故か同じくツバメ柄の少し大きなサイズの平皿まで・・・

そして、これまで使っていた100円ショップの小さな深鉢の代わりに、
swatchシリーズの新柄、ウッディのフリーカップを購入。
蕎麦猪口位の大きさで、本当に使いやすいのです


P1210751.jpg

・・・・・。
あれ?無意識のうちに

P1210758.jpg
可愛いツバメ柄のお皿を買って、
嬉しくて浮かれて歩いていたときに、
別のお店で見つけてしまった、ツバメ文様の豆皿です
ツバメの平皿を出すときに、
この豆皿に薬味を乗せたり、箸置きにしたり、
一緒にコーディネートしたら絶対に可愛い!!
・・・と、一人で盛り上がってしまいまして・・・・・。



初めにある程度購入計画を立てて出掛けていたのに、
陶器市会場についてすぐに、
早くも物欲と煩悩に脳みそが支配されまくってしまいました


ここまで掲載した食器は、
全て白山陶器会場と波佐見陶器まつり会場での購入品で、
まだ有田焼の会場に移動すらしていない状態なのですから、
本当に恐ろしいことです


有田での買い物記録は、また別ブログに掲載したいと思います


ご参考
2014年の陶器まつり、陶器市買いもの記録へのリンク(1)リンク(2)
2015年の陶器まつり、陶器市買いもの記録へのリンク(1)リンク(2)リンク(3)

| おかいもの | 23:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT