つくりかけの日々

≫ EDIT

春のくじゅう花公園(2)~ネモフィラ

春のくじゅう花公園シリーズ、第2弾?
今回はネモフィラです!

P1360404.jpg

リビングストーンデージーの花を眺めた後は、
場所を移動してそよ風の丘と名付けられた別の花畑に向かいました。
待っていたのは、
先程までの鮮やかで華やかな風景とはまた違った、
青一色の景色でした

P1360383.jpg
高原のそよ風に
ネモフィラが優し気に揺れる様子・・・
見ていて癒されました~

P1360397.jpg
一輪だけ背伸びして咲いているような花を見つけました。

P1360409.jpg
こちらの二輪は、背中合わせに咲いているような。

この日に持っていったカメラレンズではこれ以上寄れず、大きく写すことができませんでした・・・
マクロレンズを持って行けばよかったです・・・


P1360369.jpg
有難いことに天気に恵まれ、とてもきれいな青空が見られた日でしたので、
地面のネモフィラの花とあわせて、
本当に一面の青い世界を楽しむことができました!!


くじゅう花公園ブログ、まだまだ続きます・・・

| お出かけ | 23:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

春のくじゅう花公園(1)~リビングストーンデージー

何度か訪れたことがあるくじゅう花公園です。
しかし、
残念ながら一年のうちで最も華やかなこの時期に訪れたことがありませんでした。

今回、念願かなって春の花公園を訪れることができましたので
その際の写真をブログに記録しておきたいと思います!
まずは絶景写真をご覧ください

P1360258.jpg

ちょうど見頃を迎えていた
リビングストーンデージーの花畑です!!

P1360254.jpg
マツバギクに少し似ています。
陽の光を浴びて大きく花開くのだそうで、

P1360260.jpg
この日は晴天に恵まれ、
清々しい高原の景色を背景に、
鮮やかな花畑が広がっていました!

P1360244.jpg
花を観賞する名所は数多くあると思いますが、
久住高原にあるこちらの花公園ほど素晴らしいロケーションのスポットは、
あまり見たことがありません!

誰がどう撮っても絶景写真になります!

P1360231.jpg
雄大な背景を活かすのには、
横長の写真が一番だとは思いますが、
1本の樹をシンボルに縦構図でも撮ってみました。

やっぱりどうやって撮っても綺麗・・・

P1360236.jpg
ただし、どうやって撮ってもいいけれど、
ピントが合わなければやっぱり失敗写真です・・・
画面を花ですべて埋め尽くすような写真を撮ろうとしたのですが、
なぜか真ん中あたりに生えている草にピントが合っています・・・
本当は、手前の花をもっとボカして、
奥の花にピントを合わせるつもりでした

本当に
この世のものとは思えない程の美しさで、
テンションが上がり過ぎて手元が狂ったのかもしれません(笑)



まずは一番の目的であった花畑の写真を掲載しましたが、
リビングストーンデージーだけではなく、
他にもあちらこちらで美しい花を鑑賞することができました!
他の花の美しい様子も、
また別の記事でぜひとも紹介させてください!

・・・過去の記事も溜まっていますが、
しばらく花公園のブログ、続きます・・・


| お出かけ | 19:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

<御朱印>宇奈岐日女神社(大分県)

宇奈岐日女神社(うなぎひめじんじゃ)

所在地:大分県湯布院町大字川字六所2220

御祭神:
国常立尊 (くにとこたちのみこと)
国狭槌尊 (くにさつちのみこと)
彦火火出見尊 (ひこほほでみのみこと)
彦波瀲武鸕鷀草葺不合尊 (ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)
神倭磐余彦尊 (かむやまといわれひこのみこと)
神渟名川耳尊 (かむぬなかわみみのみこと)


御朱印:
goshuin_0038.jpg


上記6柱の神様を御祭神としていることから、
「六所宮(ろくしょぐう)」という別名でも呼ばれています。
また、
湯布院の守護神としても崇められており、
「木綿神社(ゆふじんじゃ)」「木綿山神社(ゆふさんじんじゃ)」という呼ばれ方をされることもあります。


神社の由緒書きによると、
「宇奈岐日女神社」の「うなぐ」とは、昔の勾玉などの飾りを意味し、
勾玉をつけた身分の高い女性が巫女として仕えた神社であると記載されています。
いっぽうで、大分県公式の観光サイトでは、
古くより沼地であった湯布院の地では人々が治水に頭を悩ましており
「鰻」を沼の精霊として祀ったことが神社の由来となったという説が紹介されておりました。

神社の創建にまつわる話は諸説あるようですが、
どちらにしても、
湯布院の守り神として、地域の人々から長年信仰を集めてきたということです。


参拝日:2018年3月18日

| 御朱印 | 22:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

宇奈岐日女神社

樹々の芽吹きもまだだった季節にさかのぼりますが、
湯布院にある古社、宇奈岐日女神社にお詣りに行きました。

P1310827.jpg

神社のことはだいぶ前から知っていましたが、
お詣りしたのは今回が初めてでした。
湯布院には何度も来ていますが、まだまだ初めての場所が多いです。

P1310834.jpg
大きな古木の切り株が並んでいました。
平成3年の台風の被害で、
境内の杉の木が143本も倒れてしまったのだそうです。
特に立派な切り株が残され、このように祀られています。

P1310847.jpg
池の橋を渡ったところに拝殿があり、お詣りをすませました。

こちらは、
湯布院で有名な観光辻馬車などの立ち寄りコースにもなっています。
湯布院温泉のメインストリートである
賑やかな湯の坪街道を少し外れると、
自然豊かな風景が広がっており、おすすめのスポットでもあります。
(といっても、私もまだ辻馬車に乗ったことが無く、専ら車での移動ばかりです


さて。
湯布院からの帰り道、
いつも見慣れた由布岳と少し様子が違うのに気が付きました。

P1310858.jpg
黒い、です。


P1310877.jpg
恐らく、
由布岳の野焼きが行われて間もないタイミングだったのだと思われます。

草木の成長を均等に保つため、
害虫を駆除し、土を元気にするため、
色々な理由があるらしいです。

P1310864.jpg
由布岳登山口からの写真。

この毎年の野焼きのおかげで、
春になると美しい新緑の草原を見ることができるのだそうです。

緑におおわれた草原の景色にはいつ見ても心を奪われるのですが、
黒土の絨毯も
秘められた生命力や力強さが感じられる美しい景色だと思いました!

| お出かけ | 22:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

森きらら

陶器市に出掛けた日の翌日、
折角遠出したので・・・と、
長崎県佐世保周辺や九十九島周辺を観光してまわりました。

今回は森きららという動植物園の記録です。

P1350565.jpg
九十九島を臨む高台に位置するこちらの動植物園は
「西海国立公園九十九島動植物園」というのが正式名称で、
愛称「森きらら」として親しまれています。
現在は九十九島パールシーリゾートと同じ経営母体に運営されています。

P1350719.jpg
ちょうどバラが咲き始めた時期と重なり、
思いがけず美しいバラの開花を眺めることができてラッキーでした。

P1350578.jpg
この日の天気予報は下り坂。
いつ降ってくるかわからないような曇り空を背景に、
なるべくどんよりとした空が写り込まないように花を撮影しました。

P1350569.jpg
有名な観光地、パールシーリゾートから少し離れた山の中腹に位置しているからか、
GWだというのに、
あまりお客さんが居ませんでした・・・

人を気にせずゆっくり撮影はできましたが、
少しさみしい気もします

P1350580.jpg
施設も全体的に少し年季が入っているような気もします。
ただ、動物との距離が他の動物園と比べてとても近いように思えます!
普通は二重柵や分厚いアクリル板越しにしか眺めることができないライオンも、
全体を覆われていない展示の方法のおかげで、
望遠レンズを使えば、建造物に邪魔されずにこんなにクリアな写真が撮れました

P1350672.jpg
「空飛ぶペンギン」といえば、
北海道や都内の動物園、水族館が有名ですが、
なんと!
こちらの森きららにも、ペンギンと空を見ることができる施設がありました!!
しかも人が少ないので、好きな場所で好きなだけ眺めていられます
晴れた日だったら、水槽越しに青空が映え、
本当に空を飛んでいるように見えるんだろうなあ・・・。
生憎のお天気で少し残念でした


P1350592.jpg
小動物のエリアでは、
こちらも落ち着いて動物を見られる環境のおかげか、
これまでに撮れたことのない可愛い動物ショットを撮影することができました

切り株に「よっこらしょ」という感じで腰かけていたプレーリードッグや

P1350619.jpg
何故か
置いてある秤の上にみずから登って立ちポーズをしてくれたミーアキャットとか。

P1350622.jpg
近くまでやってきて、じっと見つめられたことなんて初めてでした

P1350655.jpg
ファサファサッと羽根を広げ、美しい姿を見せてくれたクジャク。
繁殖期になると雄が雌に対してとる求愛行動なのだと聞いたことがあります。
このクジャク、
ご丁寧にも近くまでやってきて、
羽根を広げたままぐるぐるとその場を2周も回ってくれました。
圧倒的な美しさとは別に、なにやら迫力があり、
求愛ではなく威嚇をされているような気がします・・・。


P1350645.jpg
こちらも至近距離のワオキツネザル。
偶然にも、飼育舎内に入って身近なところから観察できるイベントの時間帯で、
私もワオキツネザルと同じ柵内に入って
飼育員さんのお話を聞くことができ、
とても貴重な体験になりました!


全国の立派な設備の動植物園と比べると、
規模や展示数は少ないですが、
混雑もなく、のんびりと動物とふれあえる良いスポットでした。
ブログに画像は掲載していませんが、
絶滅危惧種のツシマヤマネコが飼育されている数少ない動物園でもあります。

あまり時間に余裕が無い中で出掛けた場所でしたが、
思いがけず、色々な動植物とのふれあいで、得られたものが大きかったです。
訪れることができて良かったと思います!


| お出かけ | 16:31 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ビスケット柄100均手ぬぐいと童話柄のランチョンマット

当面の目標であった帽子(ブログ)が完成して気が抜けたのか、
しばらくミシンにさわっていませんでした・・・

冷暖房の無いミシン作業部屋で快適に過ごせる貴重な季節なのに

気を取り直して、
以前から取り掛かっていた100円手ぬぐいのランチョンマットづくりの続きを縫い始めました。

P1360159.jpg
今回使用したのは
こげ茶色の布にビスケット柄が散りばめられた
100円ショップの手ぬぐいです。

P1360162.jpg
裏地はシルエット調のイラストで描かれた童話モチーフのコットンリネンを合わせています。
絵柄のモチーフを切り取って、
表地にアクセントとして縫い付けました。

P1360164.jpg
モチーフを縫い付ける際に、
本来であればきちんと行うべき、
縫いしろのアイロンやしつけ縫いなどを一切せずに
いきなり待ち針を留めてミシンをかけたため、
モチーフがガッタガタです・・・
自分で使う分にはまあいいかと、
いい加減な性格がまるわかりです

P1360169.jpg
手ぬぐいのビスケット柄にちなんで、
物語的に関連のある(お菓子の家とか)
ヘンゼルとグレーテルの童話モチーフがあったらベストだったのですが、
無かったので好きな絵柄を適宜あしらいました!

いちばん可愛くて縫いやすかったのは親指姫モチーフでした
モチーフ四角いし(笑)


ごはんを食べるときよりも、
おやつの時間に活躍しそうなランチョンマットが出来上がりました(笑)

| 布小物 | 16:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鍋ヶ滝

GW後半、
特に予定を決めていなかったけれど、
あんまり良いお天気なので、
折角だからあまり疲れない程度のお出掛けを・・・と、
かねてから気になっていた熊本県阿蘇郡小国町の鍋ヶ滝に出掛けました。

だいぶ前、
お茶のCMのロケ地に使われてから一躍有名になった場所です。

P1350801.jpg
阿蘇山の噴火によってできた自然の滝、鍋ヶ滝。
落差はそんなに高くないですが、
幅が広くて、美しい滝です。

P1350764.jpg
雨上がりの気持ち良いお天気で、
新緑と清流の中で
マイナスイオンをたくさん浴びている気がします~!!

P1350746.jpg
この日は、滝の撮影用に
頑張って?三脚を持って行きました。
三脚の力を借りてスローシャッターで撮ると、
流れるような滝の写真を撮ることができます


P1350760.jpg
鍋ヶ滝は、滝の裏側に回り込むことが可能で、
滝の裏側から
水のカーテン越しに新緑を眺めるという、
なんとも幻想的な景色が楽しめます

P1350806.jpg
流れる水が白い絹糸のように
なめらかに写っています。

P1350767.jpg
訪れた日はGWなだけあって大変多くの人で賑わっていました。

P1350790.jpg
混雑を予想して早目に到着したつもりだったのですが、
それでも既に駐車場はいっぱいで、
近くの小学校の臨時駐車場からシャトルバスに乗って移動しました。

P1350798.jpg
帰る頃には、
小学校の臨時駐車場までの道も渋滞をおこしていたようなので、
まだ、比較的早い時間に来られて良かったのかもしれません。


そして、小国町といえば、
美味しい水で作られたお蕎麦です!

P1350820.jpg
この辺りに遊びに来た時には必ず立ち寄る蕎麦街道で、
目的の笊蕎麦を頂くことができました!
(来店時間が遅いとお蕎麦が無くなってしまうこともあります

突然のお出掛けでバタバタと行先を決めた割には、
スムーズな移動や食事ができて良かったです

そして、
今回、スローシャッターでの滝の撮影は初めてでしたが、
ひどい失敗をせずに撮ることができたので、
こちらもささやかな進歩でした
また機会があったら別の滝でも撮影してみたいです。
(三脚面倒だけど)

| お出かけ | 23:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マーブルシュッドのカットクロスを使ったチューリップハット

先日、試作品として作ったチューリップハットですが、
(その際のブログ

ようやく本当の目的のアイテムが完成しました!

P1350916.jpg
前回と同じ作り方で、
お土産で頂いたマーブルシュッドのカットクロスを使ったものです。

P1350921.jpg
わーい!完成
撮影小物のクマに気持ちを代弁してもらいました(笑)


P1350923.jpg
マーブルシュッドとは、
オリジナルの個性的なテキスタイルがとても可愛い服屋さんです。
最近、周りの方々の影響を受けて
急激にすっかりハマってしまいました・・・

大ぶりの水玉にゆるめの動物イラストが描き込まれているこの布、
どこを切り取って使おうか迷い倒し、
そして、
もったいなくてなかなか裁断できなかったものです

他の部分を無地の綿麻布にしたおかげて、
柄が良いアクセントになりました!

P1350915.jpg
裁断時に出た小さな端切れも捨てるのが勿体ない程可愛くて、
タグに加工して帽子に付けてみました

P1350926.jpg
裏地には手持ちの布から白黒のドット柄のものを選び、
全体的にポップな感じに仕上がりました。
リバーシブルでも使えるようになっていますが、
たぶんマーブル布が可愛すぎてこちら側しか使わないような気がします

P1350931.jpg
布を裁断するときにこんなに緊張したのも、
完成したときにこんなにわくわくしたのも、
とても久しぶりでした!
(100均手ぬぐいに失礼ですが
ランチョンマットを作っているときはもっと気楽な気持ちでハサミを入れていたので


今は、
帽子が完成したのが嬉しくて、
これに似合うような洋服が無いかな~と、
マーブルシュッドのオンラインショップでアイテムを物色しているという、
恐ろしい波及効果が生まれています・・・


頂いたカットクロスの生地が
まだ余っているので、
何か他の小物も作ってみたいと思います!!

| 布小物 | 23:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT