つくりかけの日々

≫ EDIT

国東半島のネコ

昨年出掛けた国東半島の寺院めぐりの際
(ブログへのリンク(1)リンク(2)

立ち寄ったお店で見かけました。

P1140082.jpg

「オマエ誰ニャ?」
みたいな、興味津々な様子で近づいてきたネコ。

P1140120.jpg
こんなに超至近距離まで自分から寄って来るのに、
人に触られるのはあまり好きではない様子のツンデレさんです。

てっきりこちらの看板ネコだと思っていたのですが、
お店の方に伺うと、全然知らない子なのだそうです。
勝手に居座られてちょっと困惑しているらしい・・・

P1140107.jpg
まるで自分の庭のように
テラス席付近で寛いでいる様子が堂々とし過ぎていて誤解します


お店を後にして、
ふと草むらの方から気配を感じて目をやると・・・
別のハチワレネコちゃんを発見しました。
P1140155.jpg

隠れてこちらをうかがっているようですが
見えてます。
P1140132.jpg

さらには、
駐車場らしき空き地に3匹のネコが寄り添っていて、
P1140136.jpg

道路を挟んだ別の駐車場には、
P1140170.jpg
車の入庫を阻むかのような位置におすまし座りしている別のネコ。


他にも
写真にきちんとおさめられませんでしたが、
あと数匹のネコをあちこちで見かけ、

紅葉目当てで出掛けた国東半島でしたが、
思いがけずネコとの出会いが多くて、
危うく本来の外出の目的を忘れるところでした


古くから仏教の信仰が篤い
山あいの静かで穏やかな地は、
ネコにとってものんびりと過ごせる環境なのかもしれません。

| お出かけ | 13:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

洗剤ボトル

怠け者癖全開で
長い間最低限の家事しかやっていなかったので、
久しぶりの「整理整頓・片付け・インテリア」カテゴリーのブログ更新となります。


もうだいぶ前になりますが、
雑貨店でかわいい洗剤のボトルをみつけました!

P1160536.jpg

洗濯用の洗剤、柔軟剤、漂白剤の詰め替えボトルです。

P1160538.jpg
ゆるめのネコのイラストが可愛いです!!


これまで、
普通にメーカーの詰め替え用ボトルを使っておりましたが、
あまりにも長く使い倒し過ぎたのか、
ボトルのラベルはとうに印字が消えたうえに劣化して剥がれているような悲惨な状態で。

そろそろボトルを買い替えなければと思っていたタイミングでした。
どうせ買い替えるのであれば・・・
と、こちらの可愛いネコボトルに飛びついてしまいました。

注ぎ口の形状もメーカー製の形と同じでしたし、
キャップにもちゃんと目盛りがついているし、
ただ可愛いだけのアイテムではなく、
機能的に全く問題なさそうです。


こうすると、
他の洗剤も綺麗にそろえたくなってしまいます。

基本は面倒くさがりだけど
一度気になるととことん突き詰めたくなる厄介な性格が災いして(?)
市販のネコ洗剤ボトルのラインナップには入っていなかった、
別の洗剤ボトル用に、
お揃いのラベルを作ってみました。

P1170548.jpg

もうひとつ、毎日のように使っているのは、
シャツの襟や袖の汚れ落とし用洗剤です。
なので、
購入したボトルのイラストに襟を付け足したイラストを真似て、
透明ラベルにプリンタで印刷しました。

P1170556.jpg
こちらは、
ちょうど今まで使っていた詰め替え用ボトルが真っ白なものだったので
(同じく、使い過ぎで元々のラベルは剥がれています)
そのままラベルを貼り付けて・・・

ぱっと見は洗濯用の洗剤がお揃いになりました

日用品のテイストが揃うと
見た目がだいぶスッキリします。

完全な自己満足ですが、
久しぶりに
最低限の家事以外にも、
インテリアを意識した作業ができたことが楽しかったです。

これを機会に、
また久しぶりに、
整理整頓やインテリアのことにも目を向けてみようか、
と思います

| 整理整頓・片付け・インテリア | 22:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

のこのしまカメラ講座ロケ(2)

一つ前ののこのしまカメラ講座ロケ(リンク)の続きです。
なお、数年前にのこのしまを訪れたときのブログはこちら(リンク(1)リンク(2)


能古島船着き場周辺の風景や、
菜の花やポピーなどの花々を撮影したあと、
最後に園内の動物とふれあえる広場に行きました。


P1170452.jpg
あら、こんにちは~

出迎えてくれたのは、
フレンドリーなウサギちゃん

直接餌やりができるようになっており、
人に慣れているウサギも多かったです。
ウサギと人間が歩くスペースの間には一応柵で区切りがありますが、
柵、といっても、ウサギが通れる位の隙間があるので、
自由にその辺をウロウロしているウサギとは
すごく距離が近かったです。

P1170450.jpg
興味津々といった様子で、
カメラに近づいてきた一羽のウサギちゃんです。
あまりにも近くてピントが合いません

この後、
フレンドリー過ぎて?カメラをなめられました・・・



P1170460.jpg
子ウサギちゃんもたくさんいて、
訪れている人みんなに大人気でした

P1170464.jpg
物陰からちょこんと顔を出した瞬間を狙って激写!
あまりの可愛いらしさに、
菜の花撮影の時の何倍も真剣に取り組んでいます(笑)
(だめじゃん)



P1170482.jpg
つぶらな瞳に癒されました・・・



福岡市中心部から少し離れたところでのロケという事で、
家をでる時間が早くて少し大変ではありましたが、
久しぶり講座のメンバーと
たくさんカメラに触れて、
とても有意義なひとときを過ごせました。

次のカメラ講座は、ロケで撮った写真の講評になります。
同じ被写体でも人によって写真の撮り方、風景の切り取り方が全然違うので、
他の皆さんの写真を拝見できるのが
とても楽しみです!

| お出かけ | 07:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

のこのしまカメラ講座ロケ(1)

先日のカメラ講座では、
能古島(のこのしま)でロケ撮影の実習が行われました。

能古島には、数年前に1度訪れたことがあるだけで、
今回久しぶりの訪問となります。
(初めて能古島を訪れたときのブログ記事へのリンク(1)リンク(2)です)

P1170273.jpg
島に渡ると、
対岸に福岡タワーやヤフオクドームが臨めます。

前回は、島に到着してすぐにバスで観光施設まで移動してしまったけれど、
今回は船着き場の周りを少し散策してから、メインの場所に向かいました。

色々な発見があって面白かったです!

P1170326.jpg
ちょっとシュールなカフェ。
午後からの営業で、午前はシャッターが下りていたのですが、
このシャッターがまた可愛くて、
でも写真に可愛くおさめるのには苦労して・・・(笑)

「のこのことやってきたのさこの島に」
「下の句は次に来るマデ」

・・・下の句がめっちゃ気になるんですけど
謎は謎のまま残して、
バスでのこのしまアイランドパークという、
花や景観の美しい公園施設へと移動しました。


見頃を迎えている菜の花の撮影が一応のメイン目的です。
そういえば、
前回訪れたときも、同じように菜の花が咲いていた記憶があります。

そして、このポピーの花も
風にそよぐ様子がとても美しかったのを覚えています。

P1170333.jpg

当時はまだカメラの知識など全く無く、
コンパクトデジカメで、
何も考えずにパシャパシャとシャッターを押していた頃。

P1170339.jpg
その時撮った写真(冒頭のリンク先ブログで確認できます)と、
今回のロケで撮った写真・・・
全然進歩が無かったらどうしよう・・・

P1170359.jpg
花を見ると、
マクロレンズでやたら撮ってみたくなる、マクロ撮影初心者です
今はまだ、
単純に大きく写るのが楽しくて仕方ないレベルです


以前の記憶を懐かしく辿りながら
公園の奥へと足を進めていくと、

P1170396.jpg
海と菜の花畑が現れました!!

青い空!
青い海!
黄色の菜の花!

文句なしの絶景です!

P1170388.jpg
・・・と言いつつ、
菜の花にフォーカスして、
黄色の世界を造り上げてみたり(笑)

P1170369.jpg
ちょうど何かのイベントで、
お子様に着物の貸し出しが行われていたようで、
菜の花畑周辺で、可愛い着物姿の子どもがあちこち見られました。
赤い着物で二人並んでいる姿が風景に映えて、
まるで絵画のようでした。

P1170408.jpg
海に向かって撮る菜の花も美しいですが、
振り返って丘を見上げてもまた素晴らしい風景です。


明るい黄色の菜の花からは、
冬から春へ、ぐんぐんと季節が加速していくような、
勢いやパワーが感じられ、
元気を分けてもらえたような気がします。


菜の花撮影の後、
別の被写体も少し撮影しているので、
記事を改めて掲載したいと思います。

| お出かけ | 23:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

国東半島古刹の紅葉(2)富貴寺など

国東半島の紅葉めぐり、
2か所目の目的地には散々迷った挙句にたどり着けずに終わりましたが、

気を取り直して3か所目の目的地へ。

・・・とその前に、
予想外にたくさん歩いて疲れてしまったので、
(山道を1時間程さまよい歩いたので・・・詳細は前回ブログへのリンク

里の駅並石(なめし)ダムグリーンランドという所に立ち寄り、ちょっと休憩です。

P1130971.jpg

県公式の観光情報サイト紹介ページによると
水路にある水車が「こっとん」と音をたてることから「こっとん村」とも呼ばれているのだそうです。

P1130973.jpg
遊歩道から、
ダムを挟んで色づいた山を眺めることができました。
鬼城岩峰というこちらの山、岩の真ん中に大きな横穴が開いています。

ようやくここに来て、紅葉を見られたような気がします。

P1130974.jpg
風で少し水面が波立ってしまいましたが、
紅葉の映り込みも綺麗でした。

P1130999.jpg
一番色づいていたのは、
駐車場への入り口に沿って植えられていたモミジだったりしました

P1140003.jpg
でも、
少しだけ時期が遅かったみたいです・・・
地面には大量の落ち葉。

P1140006.jpg
こんな時は、
必殺、マクロレンズ頼み(笑)
美しく色づいている葉っぱを探して超アップ!
最近こればっかりです


気を取り直して、
次に向かったのは富貴寺という平安時代に開かれた由緒あるお寺です。
P1140080.jpg

国宝指定の阿弥陀堂(本堂)などで有名なお寺ですが、
紅葉の名所としても大変有名だそうで、

P1140020.jpg
カメラをどこに向けても人が映り込んでしまうような
大変な混雑ぶりでした

P1140030.jpg
門から本堂に至る石段の途中のモミジの樹がとても立派です。

P1140065.jpg
モミジはちょうど綺麗に色づいていましたが、
本堂周りの銀杏の見頃はまだもう少し先の様でした。


本堂の写真も撮ろうとしたのですが、
どう構えても団体の方などのお顔がはっきりと映り込んでしまうため、
こちらのブログでの掲載は断念致しました・・・
九州最古の木造建築物で、
国宝にも指定されている大変貴重な建物です。


機会があれば、
またゆっくりと訪れたい場所です。

そのときは、
他のお寺や、
迷ったままたどり着けなかった旧千燈寺跡も巡ってみたいと思います。

| お出かけ | 23:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

国東半島古刹の紅葉(1)文殊仙寺と・・・

世間では春を待ちわびている季節だというのに、
だいぶ時を遡って、
昨年の紅葉の記録を掲載しようと思います


国東半島方面に、
紅葉を求めて出掛けました。

最初の目的地は、
「三人寄れば文殊の知恵」の文殊菩薩様、
日本三大文殊の一つと数えられる
文殊仙寺です。

P1130902.jpg

確か出掛ける時には
紅葉が見頃だという事前情報を得ていた記憶があるのですが、
深い緑に覆われた迫力のある仁王像に出迎えられ、
文殊仙寺に到着しました。

P1130911.jpg
石段を登っていくと、
切り立った崖の下の本殿までたどり着きます。

文殊仙寺は1300年以上の歴史ある古刹。

P1130930.jpg
御神木のケヤキの大樹も、長い長い年月を重ねていそうです。

P1130921.jpg
参道の周囲にようやく色づいた実が植えられているのを見つけましたが、
そのほかには紅葉らしき風景を見ることはできませんでした・・・
ただ、
お詣りした日にはちょうど護摩供養が行われており、
木に願い事を書いて焚いて頂き、祈祷をして頂くことができました。


P1130956.jpg
次に向かった目的地は
廃寺となった旧千燈寺跡。
今も尚佇む仁王像と紅葉の儚さと力強さが奇妙に融合した美しい画像を見つけて、
ぜひにも訪れてみたいと思っていたところでした。

ところが、
看板を頼りに進んでいくも、
歩いても歩いても見えてくるのは
上記画像の様な、
完全に山の中さまよっているでしょ・・・
という風景ばかり。
30分程歩き回っても結局見つけることが出来ず
車道に出てしまいましたが、
車道を通って車を停めた所まで戻るにはたいへんな遠回りのため、
泣く泣く来た道をまた30分かけて引き返しました

結局仁王像はどこにあったのか、
今も謎です・・・。

このままだと
紅葉鑑賞に来たのに
色づいた樹々を見られずに一日終わってしまう・・・
と、
若干焦りを感じながら、
次の目的地に向かいました

続きは改めて記録したいと思います

| お出かけ | 23:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おおくぼ台梅園

大分県日田市にある、
おおくぼ台梅園で梅まつりが開催されているとのことでしたので、
出掛けてきました。

P1170168.jpg

訪れた日には、ちょうど梅の花が満開に近くて、
一面白とピンクに彩られた景色を楽しんできました。

P1160996.jpg
山あいの土地に植えられた梅の木は合わせて6000本にもなるそうです。
鑑賞用の梅もありましたが、
こちらには梅を採取する為の梅の木が多いのか、
低木の白い梅が広がる光景が多かったように思います。

P1170085.jpg
白梅の楚々とした控えめな美しさを表現するのは難しいです・・・

P1170041.jpg
梅の花を眺めながら、散策路をぐるりと歩きました。

P1170055.jpg
立派な枝ぶりの樹木や、

P1170049.jpg
低く剪定されてはおりますが、
年月が経っていそうな樹木もあり、
こちらの梅が大切に育てられてきたのがわかります。

P1170046.jpg
梅の木は、
枝のボリュームに比べて花が小さくまばらに咲くことから、
撮影が難しいのだと聞いたことがあります。

遠景はともかく、
実際に梅に近づいて撮ろうとすると、
枝が気になって、どのように撮れば良いかわかりません

P1170095.jpg
困ったときの神頼み・・・ならぬマクロレンズ頼み・・・
まだまだマクロレンズを使い始めてから日が浅く、
なんでもマクロで撮ってみたくなるお年頃です(笑)

P1170074.jpg
花びらの裏側から少しだけ雄しべがのぞいている様子も可愛いです。

P1170104.jpg
蜜を求めて飛び回る蜂が、
一輪の花に落ち着いたところを
(おそるおそる)ギリギリまで寄って撮りました。
こちらの画像はだいぶ画質を下げてしまっておりますが、
蜂の顔についた花粉までちゃんと撮れて、
マクロレンズってやっぱりすごい

白色の梅の花が多いので、
たまに紅梅を見かけると嬉しくなります。
白梅の背景に紅梅を置くと、華やかさが増すような気がします。
P1170166.jpg

ピンク色や
P1170147.jpg

紅色の花びらだと、
また雰囲気が変わりますね。
P1170124.jpg

お天気にも恵まれ、
絶好の花見日和でしたが、
ひとつだけ心残りが。

楽しみにしていたウメジロー(梅にメジロ)を見ることも撮ることもできなかったのが、
とても残念でした
遠くの方で鳴き声は聞こえたのですが、
散策路付近を飛んでいるのは見られなかったです・・・
観光客が多くて警戒されてしまったのでしょうか

素早く樹々と花々の間を移動するメジロをとらえるのは
私には難易度が高すぎるかもしれませんが、
いつか機会があったら
チャレンジしてみたいと思います!

| お出かけ | 23:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パブロミニのチーズタルト

チーズタルト専門店のパブロミニがオープンしたというので、
初日に並んで買ってきました~

P1160989.jpg

手のひらサイズのチーズタルトも、
ショップバッグも、
とても可愛くてフォトジェニックだったのに誘われて、
本当に久しぶりにカメラを構えました。
長い間写真撮影から遠ざかっていたのに、
リハビリ最初の被写体が、
苦手な食べ物の撮影という・・・

P1160917.jpg
でも、被写体の可愛らしさに助けられて
なんとか色々と撮影できました

P1160946.jpg
俯瞰でも1枚。

P1160947.jpg
表面がツヤツヤで美味しそうです

P1160965.jpg
定番のプレーンの他にも、
抹茶やチョコなど、様々な種類があります
期間限定のメニューもあるので、
季節によって違った味が楽しめるのだとか!

P1160966.jpg
写真右下の焼マシュマロストロベリーは、
3月の限定品なのだそうです!
色とりどりの可愛いミニタルト、
食べるのがもったいないような気がします・・・


折角のスイーツ、
いつまでもカメラを構えておらずに
時間をおかずに食べてしまわないとです

| 日々の風景 | 15:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT