つくりかけの日々

≫ EDIT

やる気スイッチは何処

今回はお見苦しい写真一枚で失礼致します。
(しかもスマホで簡単に撮ったいい加減な画像)

1518653809966.jpg


つい先日まで
モチーフ編みの作品を編んでいて、
ようやくすべてのモチーフを繋ぎ終えたところなのですが・・・

残っているのはこの大量の糸始末!!!
たくさんすぎて、肝心の作品が全く見えない程のカオスです

三回糸を変えるモチーフなので、
モチーフ一つあたり
編みはじめと編み終わりの2本×3=6本。
モチーフ37個作るので、
6×37・・・・・(計算したくない)


悲惨な見た目に
私のやる気スイッチは何処かに行ってしまいました・・・
この糸全て綺麗に始末して、
作品が完成する日はやって来るのでしょうか・・・。


とりあえず、
しばらく作りかけて放置して、
別の何かに着手するのは間違いない気がします

もし無事に完成したら、
もう少し綺麗な?画像を掲載したいと思います

| 編み物 | 23:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本平から望む富士山と夜明け前

以前記事にした
富士山と夜景の景色(ブログへのリンク)を撮影したときと同じ場所で、
翌朝の夜明け前から再び富士山の撮影にのぞみました

P1300507.jpg
朝5時位に起きて、
日の出時刻より前に撮影スポットに到着しました。
まだ夜明け前ですが、
少しずつ空が赤みを帯びてきているのがわかります。

P1300511.jpg
大きな船が停泊している辺りの灯りがひときわ目立って綺麗でした。
前回画質が劣化した反省を踏まえて
カメラの設定を変えたりしたので、
比較的望遠側でもきちんと写真が撮れているような気がします
(私が持っているレンズとカメラの限界でこれ以上画質は上がりません。
・・・と自分の腕を棚に上げてカメラの性能のせいにしてみる

P1300539.jpg
この辺りからは、
残念ながら富士山の方角と日が昇る方角が違うため、
日の出と富士山を一緒に撮ることはできません。
カメラを別の方向に向けると、
空が赤く染まってきていました。
そろそろ、
集中してシャッターを切りまくる時間です(笑)

P1300529.jpg
日没直後と同じで、
あっという間に日が昇って明るくなっていくので、
撮影できる時間はあまり長くありません。
あまり深く考え込まずに、とにかく写真をたくさん撮りました。

P1300538.jpg
広がるすそのが特徴的な富士山を撮る時は
比較的横構図が多くなってしまいますので、
意識して縦でも撮ってみました。



寒い日の早起きはしんどかったですが、
おかげで綺麗な景色が見られたので、
写真の良し悪しはともかくとして、とても良い時間を過ごすことができました。

普段怠け者な分、
たまにはこんな活動的な日があっても良いのかもしれません

| お出かけ | 00:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

セリアでロディ

イタリア発祥の
小さなお子様が乗って遊ぶお馬さんの玩具、Rody(ロディ)。

そのロディをようやく100均で買うことができました~

P1300851.jpg
・・・といっても、ミニチュアのロディですが

昨年の秋位に、
100円ショップのキャンドゥとセリアで
ロディとのコラボレーション商品が売り出されるや、
大人気ですぐに品薄になってしまったものです。

その時、シールや付箋などのステーショナリーは買うことができたのですが、
一番人気のこのミニチュアロディだけは
どこを探しても見つけられず、もう入手は困難かと諦めておりました・・・

P1300866.jpg
そんな矢先、
最近のインスタグラム投稿で、「ロディをゲットした~
という記事を立て続けに目にするようになり、
急いで最寄りのセリアに出掛けたところ、
再入荷のロディ、ありました!

P1300857.jpg
残念ながら全色揃ってはいなかったけれど、
パステルトーンのロディ中心に在庫があったので、
あるだけの色全部買ってきてしまいました

P1300858.jpg
白いロディと薄いブルーのロディがお気に入りです。
100円なのに細かな部分まで可愛いなあ~

P1300872.jpg
きっと、
他の色をもし見つけることができたら迷わず買ってしまいそうです


リビングには可愛すぎて飾りませんが、
物置&私の作業部屋としてほぼ独占しつつある洋室に、
綺麗に片づけが完了した暁には(←ここが鬼門!!!)
ロディを飾りたいと思います!

。。。
たぶん次の引っ越しまでロディ、しまわれたままだろう・・・

| おかいもの | 08:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鶴見岳の霧氷

寒い場所が大の苦手な私ですが、

どうしてもひとめ見たかった景色があり、
意を決して出掛けてきました。

P1300737.jpg
行先は、
別府ロープウェイを使って鶴見岳の山頂付近まで。
目的は、
冬の間、条件が整うとあらわれる
霧氷を見ることでした。

P1300730.jpg
ロープウェイの中から麓の駐車場を撮影した様子です。
来るときに、雪がちらほら道路に残っており、
これから向かう標高1,300mの鶴見岳山上駅の寒さを想像すると恐ろしいです・・・

P1300804.jpg
到着して
目のまえに飛び込んできたのは素晴らしい銀世界でした!!!

・・・と言いたいところですが、
まずは真っ白な視界と、圧倒的な寒さに
一気に現実の厳しさを思い知らされて、ただただ絶句・・・


P1300787.jpg
この日の山上駅の気温は、氷点下10℃!
ぬるま湯のような県で生まれ育った私にとっては、想像もつかないような世界でした・・・
しかもなんか時折ふぶいてるし・・・

P1300791.jpg
おかげさまで樹氷もガッツり付いてくれていましたが、
あんなに見たかったものが目の前にあるのに、
それを愛でる余裕が全くないという軟弱さでした

P1300806.jpg
ロープウェイ駅から15分程散策路を歩くと
鶴見岳の山頂に到達できます。
が、この状態で歩くとか無理無理無理!!

念願だったはずの霧氷が付いた樹を見上げるどころか、
樹下にしゃがみこんでひたすら下を向いて、
時折痛いほどに吹き付ける雪つぶて?をひたすらやり過ごして、
合間にちょっと顔をのぞかせて近くの景色を撮って・・・

結局、写真を撮っていた時間よりも
しゃがみ込んで風雪に耐えていた時間の方が長かったと思います

P1300750.jpg
あまりの寒さに、
曇ったメガネに霜が付く、といった貴重な体験もできました(笑)
メガネをかけていても見えない。外しても見えない。
なので、ピントすら合っていない写真がたくさん撮れました(笑)

P1300766.jpg
それでもしばらくすると、
ものすごい速さで頭上の雲が流れていき・・・

P1300841.jpg
雲の切れ間に
時々青空が見られるようになりました!

P1300836.jpg
そうです!
見たかったのはこの景色!
真っ白な樹氷と青空のコントラストがとても美しかった!
この一瞬だけでも頑張って出掛けてきたかいがありました

ただ、
この時には既に
手がかじかむとか痛いとかを通り越して感覚がなくなってくるような感じだったので、
さすがに限界を感じ、
晴れ間の写真は数枚撮っただけで引き返したのですが、

それまでロープウェイ駅建物内のストーブにぬくぬくあたってずっと新聞を読んでいた夫が、
この時になってふらりと外に出て行って撮った写真(下の画像・しかもスマホ撮影)が、
苦労した私のどの写真よりも綺麗に撮れていたのが、
無性に悔しかったです(笑)

1517710070556.jpg



冬には厳しくも美しい風景を見せてくれる鶴見岳、
春に可憐なピンクの花を咲かせるミヤマキリシマの名所でもあります。
昨年、ミヤマキリシマの時期に出掛けた記録がのこっているので、
また後日ご紹介したいと思います!

| お出かけ | 23:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本平から望む富士山と夜景

帰省時に撮影した富士山写真第2弾です。

P1300405.jpg

静岡県静岡市にある、
日本平という山は、富士山のビュースポットとしてよく旅行雑誌などで取り上げられています。

また、地元の人間には夜景スポットとしても良く知られた場所です。

今回は、
その日本平から、
富士山と夜景、両方を撮影したいという
欲張りな願望を持って出掛けてまいりました。

日没直前に撮影スポットに到着して、
事前にカメラを構える場所や構図などを決めておきます。
既に少しずつ、港に光が灯り始めているのが上の写真でわかりますでしょうか。

P1300415.jpg
日没後から空が完全に暗くなるまでのほんの短い時間が
貴重なシャッターチャンスとなります!!
明るすぎると夜景があまり目立たないし、
暗くなると富士山が見えなくなってしまいます。

とにかく、「下手な鉄砲数打ちゃ当たる!」作戦で、
少しずつ構図を変化させながら、シャッターを切り続けました


三脚も父から頑丈で大きなものを借りていたため、
気が大きくなったのか?ギリギリまでカメラの能力を使おうとしすぎて
(カメラわかる方用に・・・ f値22まで絞り込みすぎて)、
逆に画像が劣化してしまっていたのに後から気が付き、ショックを受けました
でも、大きく伸ばして印刷とかしなければわからないので、まあいいか、と思おうとしています

ところで、
撮影した日は偶然にもスーパームーン?か、その翌日ぐらいだったようで、

P1300424.jpg
撮り始めて暫くすると、
富士山からだいぶ離れた位置からですが、月が顔を出しました!
可能な限り広範囲を画面に収めるように撮影して、
ギリギリで富士山と月が同時に撮れました

P1300430.jpg
いわれてみれば、
心なしか、
いつもよりも月が明るく大きく見えるような気がします。

P1300437.jpg
辺りはすっかり暗くなり、
全く富士山は見えなくなってしまいましたが、
月明かりが海を照らしだす様子もとても美しい光景でした


風も強く、とても寒い日でしたが、
このような景色が見られたので、
頑張って出掛けて良かったと思います!!

| お出かけ | 23:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

みかんと富士と三保の松原

あっという間に2月です。
ブログ、そんなに怠けているつもりはなかったのですが、
気が付くと昨年の記事がほぼ溜まったままで2月です。

せめて今年の記録は、
あまり溜めずにアップしていけたらと思っています

さて。
今回の帰省は後半からインフルエンザで全く活動できなくなってしまったのですが(涙)

それでも、
帰省後しばらくはちょっと頑張って撮影に出掛けたりしていました。

P1300298.jpg
今年撮りはじめの1枚は、やっぱり富士山でした。

目的地に向かう途中で少し寄り道し、
みかん畑が並ぶ道を通っていきました。
たまたま夏みかんがなっていたので、
普通の大きさのみかんよりもインパクトがあって絵になりました


P1300315.jpg
本当は、鈴なりのみかんの間に富士山がのぞくような写真を撮りたかったのですが
そう都合よい枝ぶりの樹がなかなか見つかるわけもなく・・・
撮れたのは、「違う、これじゃない!」と声を大にしたいような写真。
でも、作品の意図を酌んでくださるとうれしいです


P1300367.jpg
この日訪れたのは、世界遺産三保の松原です。
さすがにお正月だからか、
観光地用駐車場からすぐ近くの砂浜は人が多かったです。

P1300371.jpg
皆が訪れる観光スポットから砂浜を暫く歩くと、
湾の形になった海と、松林と、富士山を同時に撮れるスポットがあります。

結構距離がありますが、頑張って歩いてきました
でも、
海が穏やか過ぎて波立たなく、絵になりづらかったのと、
松林も、最近心配されている松枯れの影響か、
一部茶色になってしまっているのが気になり、
正直なところ、あまり満足のいく写真は撮れませんでした

P1300394.jpg
もし次の機会があれば、
良い撮影スポットを探してみたいと思います。



年末年始の帰省期間は、
普段眺めることすらできない富士山の写真を撮る数少ないチャンスです。
もう少し富士山を撮影した写真がありますので、
また近いうちにブログに掲載する予定です

| お出かけ | 01:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

松編み模様のマグカップセーター

少し前に画像で見かけて「可愛い!」と気に入り、、
作りたいと思ったものがありました。

マグカップやコーヒーカップをくるむ、
マグカップセーターというものです

先日帽子やマフラーが編み上がったので、
次の何かに取り掛かる前に
普段使いの夫婦のマグカップ用に作ってみました。

P1300652.jpg
飲み物がすぐに冷めないように、
または熱すぎて持てないのを防ぐために、
マグカップの周りをくるむ物のようです。

P1300678.jpg
私が作成したものは単純なつくりで、
底は細編みでマグカップの直径の大きさになるまで丸く編み、

P1300674.jpg
周りを松編みの模様で囲んでいくだけです。

P1300663.jpg
互いのマグカップの色に合わせて段染めの毛糸を選び、

その後、
コップの縁近くまでくるんだ方が冷めにくいだろうか、
でも口をつけるときに上端が汚れないだろうか、
と悩みつつ、
夫の方は一段低い高さにして作りました。

ボタンには暖かみのある木製のものを使い、
アクセントにチロルテープをタグの様に縫い付けました。

P1300657.jpg
この二つのマグカップカバー、
高さを変えた以外は全く同じ編み方で作ったはずなのですが、
段染め糸のピッチ(色の変化の間隔と長さ)が違うからか、
出来上がりの模様が全く違うものに見えます。

暫く編み進めるまでどのように模様がでるのかわからないのが、
段染め糸の難しさでもあり、面白さでもあると思っています


さて。
こちらのマグカップセーター、
マグカップカバーとか、カップウォーマーとか、コーヒースリーブとか、コーヒーコージーとか、
他にも色々な名前で呼ばれています。
これらの名前で画像検索すると、
本当に可愛いマグカップセーターの画像がたくさん出てきますので、
興味のある方は検索してみると楽しいかもしれません。
(某DAISOさんのレザー調のコーヒースリーブとか大人気らしいです!)


使用毛糸:
・オランジュ(メリノウール100%)
・純毛段染め中細(毛 100%)

参考テキスト:
かぎ針編みパターンブック300

| 編み物 | 20:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

かぎ針編みアラン模様のマフラー

少し前に、他作品からの逃避行動で編み始めたマフラーが完成しました

P1300624.jpg


全体図はこんな感じ。
P1300616.jpg
アラン模様のマフラーです!
わかりにくいかもしれませんが、
こちらはかぎ針編みで編んだものです!

P1300627.jpg
模様を出すだめに、
この「引き抜き編み」という方法で編んだ目を組み合わせたり交差させたりするのですが、
はじめは力加減がわからずについついきつく編みすぎたりして、
糸を2回程ほどいて作り直しました・・・
作り直しても、拡大すると編み目がヘタレなのがバレます


模様編みは可愛いけれど、
棒針に比べて糸を沢山使うからか、かぎ針編みの特性なのかわかりませんが、
どうしても出来上がりが重くかたくなってしまいます。
参考にしたテキストでも
出来上がりの長さがかなり短めのミニマフラーだったのに納得です。


P1300635.jpg
なので、
今回はかなり短めの長さできりあげ、
ブローチでマフラーを留めようと思い、
前回ブログにアップしたキットのビーズ刺繍ブローチでマフラーを固定しました。
(前回ブログへのリンク

キットについていたブローチピンだと
この固いマフラーを留めるには多少心許ないので、
もしかするとピンを交換するかもしれません。


他にも色々改良点が見つかりそうな気がしますが、
とにかく作りかけだらけになっている作品のうち、少しでも完成品が増えたのにほっとしています!
まだまだ作りかけや、未着手のものが数えきれない程溜まっているので、
寒い日の余暇を家に引きこもって過ごすにはちょうど良いのかも・・・
と考えることにします


使用毛糸:
野田毛糸オリジナル(毛100%)

参考テキスト:
かぎ針で編む北欧のニット大好きこもの

| 編み物 | 10:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT